KuCoinレバレッジドトークンのリバランスメカニズム

KuCoinレバレッジドトークンでは、リバランスの仕組みを導入しています。結合されたレバレッジポートフォリオの比率が合意されたものから大きく逸脱しないように、システムは毎日23:30:00~23:45:00(UTC)にポジションのリバランスを行います(例外的な状況を除く)。

急激な変動に直面した場合、前回のリバランス時と比較して原資産の変化が所定の閾値(当初はロング・ショート3回で15%に設定)を超えた場合、KuCoinはリスクをコントロールするためにポジションのリバランスを行います。

上記のリバランスは、変動により損失を被った側の損失をヘッジするために行われます。BTC価格が15%上昇した場合、KuCoinは-3倍のレバレッジをかけたトークンでのみポジションをリバランスします。これにより、イレギュラーなリバランスの発動後に市場のトレンドが継続した場合、投資家の損失は小さくなりますが、リバランスの直後に市場のトレンドが反転した場合は、リバランスのためにポジションのリバウンスが遅くなることにご注意ください。  

要約すると、レバレッジドトークンがその日のうちに利益を得た場合、その利益は投資のために複利で使われます。損失が発生した場合は、ポジションの一部を売却してレバレッジを3倍に戻すことで、清算を回避することを目指します。"

 

ある投資家がBTC3Lを取引したとします。

BTC3Lの収益率は、4日間のBTC価格の変化がそれぞれ+10%、+10%、+10%、+10%であれば、185%(1.3×1.3×1.3=2.856)となり、スポット市場でのBTCの収益率44%の3倍となります。

変化がそれぞれ-10%、-10%、-10%、-10%の場合、還元率は-76%となり、BTCのスポット市場での還元率である-35%の3倍となります。

変化がそれぞれ+10%、-10%、+10%、-10%であれば、収益率は-17%となり、BTCのスポット市場での収益率である-2%よりも3倍低くなります。

 

要約すると、サイクルが終了すると、レバレッジドトークンの累積収益率とスポット市場の収益率を不変に保つことは困難です。通常、レバレッジトークンのパフォーマンスは、主張されているレバレッジを上回ります。つまり、KuCoinレバレッジトークン製品の同じ方向への増加は、原資産の収益率よりも3倍高くなり、反対方向への減少は、原資産の収益率よりも3倍低くなるのです。しかし、変動に直面した場合、レバレッジトークンのパフォーマンスは劣ることになります。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。